2009年06月30日

私がコーチングを始めたきっかけ(その2)

部下を持つようになり、その指導法に悩んでいろいろな自己啓発本やビジネス書を読んだりしていました。
その中の一つにコーチングがありました。

そして、たまたま職場の近くで日本コーチ協会福岡支部のコーチングの勉強会が行われることを知り、参加してみました。
ホントにたまたまです。
「近くでやるんだったら見に行ってみるか」ぐらいの軽い気持ちでした。

そこで劇的な変化やものすごい発見をしたわけではないんですが、それでもいろいろ新しい視点に気付いたり、コーチを紹介してもらったり、相談に乗ってもらったりしたんで、勉強会には何回か通いました。
継続してコーチをお願いしてコーチングを受けていました。

今にして思えば、ここでずっとコーチをつけてコーチングを受けていたのがよかったんでしょう。
間にモチベーションの波はありましたが、コーチのおかげで今やってるメルマガのベースとなる情報収集を続けていたり、いろんな本を読み続けて今の自分のベースとなるものを固めることができたんだと思います。
タグ:コーチング
posted by 岩永 at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

私がコーチングを始めたきっかけ(その1)

私がコーチングを始めたきっかけは、部下を持ったことでした。
それまではグループリーダーとして仕事をしていましたが、昇進して正式に部下を持って指導することになりました。

ところが、この部下がなかなか仕事ができなかったんです。
それまで自分はSEとしていろいろ勉強しながら仕事していたし、周りのメンバーも分からないことや失敗したことは教えればちゃんと理解してくれました。
しかし、彼は何がどう間違っているかとか、どうしたらうまくいくとか、何が分かってないかとかが自分でも分かっていなかったんです。

こんなケースは初めてだったので、私自身もどうしたらいいのか分かりませんでした。
とりあえず、自己啓発や育成に関するいろんな本、サイト、メールマガジンを読んでみました。

その中にコーチングがあったのです。
タグ:コーチング
posted by 岩永 at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

発行しているメルマガより抜粋

私も記事を編集しているメルマガ「今日の雑学 α」から抜粋

●フィルタリングに関する利用実態調査
http://mmd.up-date.ne.jp/news/detail.php?news_id=260
18歳未満のフィルタリングサービス認知度は8割以上。半数以上が自分の携帯の
フィルタリングを解除している。親による解除も3割、「わからない」約2割。

親が自分の子供の携帯電話のフィルタリングを解除しているケースが3割ぐらいあるらしい。
「フィルタリングがかけられているかどうか分からない」というのも2割ぐらい。
原因の一つに、フィルタリングのことを親がよく分かっていないんだろうと思う。
フィルタリングをかけることでどういう効果があって、かけないとどういう危険性があるのかわからないからフィルタリングを解除するのだろう。

ネットのコミュニケーションも学校の友達づきあいと同じようにいろいろ経験して学ぶものだから、本来なら変に保護する必要はないと考えている。
だけど、それは自分で善悪要不要の判断ができるようになってからかな。
現在のように小学生でも携帯を持つようになっている状況では、ある程度の年齢になるまではフィルタリングするのもありだろう。

どちらにせよ、なぜフィルタリングを設定するのか、なぜ解除するのか、解除したらどういう危険性があるのかを十分認識できるように知識を広めていく必要があるんじゃないかな。
posted by 岩永 at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 子供のネット教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

インターネット体験フェア@大町

20日は朝から佐賀県大町町の「インターネット体験フェア」に、子供たちにインターネットの安全な使い方を教える講座のスタッフとして参加しました。
午前中はパワーポイントを使って、なりすましや犯罪予告、迷惑メールなどよくあるネットの危険性を紙芝居風に説明しました。
午後は「佐賀にわか」風に劇仕立てで似たような事例を説明します。

説明をしながら参加者に問いかけてみると、小学生と言えどもある程度「これはしてはいけない、危険」ということを理解しているようです。
一方で、mixiの迷惑メールコミュニティを見ていると、迷惑メールや架空請求メールを実際に受信すると、それだけで不安になって相談してくる人が後を絶ちません。
子供にも、相談相手となる親にも正しい対処法を地道に伝える必要があると思います。
posted by 岩永 at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 子供のネット教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。