2009年09月17日

新聞にコラムを書いてます…が難しい

朝日小学生新聞という小学生とその保護者向けの新聞にKodomo2.0のスタッフとしてコラムを連載させていただいてます。

9月から10月にかけて、毎週土曜日の「ママタイムズ」というコーナーに私が書いたコラムが載っています。

最初に「こんなことについて書こう」とテーマを決め、そのテーマについて書いているので、多分皆さんが思うよりも書きやすいんですよ。

それでも手直しをお願いされることが当然ありまして…

内容に問題があるわけではないんですね。

「誰に」「どのような目的で」書くのかというポイントがちょっとずれていたんですね。

「インターネットの安全な使い方」が大きなテーマで、個人情報とか、迷惑メールとかについてコラムを書いています。

その中の視点として、「親が子供にどう伝え、どう行動したらいいか」が抜けていると言われたのが印象に残っています。

もともと興味を持っていたテーマなので、コラム自体はすんなり書けるのですが、その書き方は「事実」「原因」「対策」を並べたものになっていた、と思います。

ちょうど、仕事の提案書や報告書の書き方ですね。

書きたいこと、書けることを書きたいように書く、というのはかんたんでした。

誰に、どのように、何をしてもらうために、という視点を教えてもらい、ちょっと視点の幅が広がったように思います。
posted by 岩永 at 00:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 子供のネット教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。