2011年01月29日

Wimaxをトライ中

3か月ほど出張中です。
出張のお供にノートパソコンとiPod Touchを持ってきてます。

iPod Touchは2010年9月に出た第4世代のやつです。
今まで持っていたのは5年前に購入した動画が見られないiPodですので、一気にできることが増えました。

新しいiPodはとても楽しいです。音楽を聴くだけでなく、メールを読んだりWebをブラウズしたりゲームをしたりスケジュールを管理したり、新聞を読んだり。

iPhoneを買った人がiPhoneを絶賛するのを「熱くなりやすい人だな」と冷めた目で見ていましたが、間違っていました。ごめんなさい。
出張前は家の無線LAN環境でメールやニュースを取りこんで、通勤途中や昼休みに見るようにしていましたが、出張先では有線LAN環境しかなく、ちょっと物足りなく感じていました。

で、物欲に負けてモバイルWifi環境を手に入れようと考えてみました。
ただし、出張が終わったら使わなくなるかもしれないので、基本料金は安い方がいい。

・選択肢その1 EMOBILEのPocketWifi
iPod Touch購入時にも強く勧められたので、真っ先に思いつきました。
しかし、2年縛り必須なのと、販売店で相談するときにお勧めプランじゃない契約プランを望んでることを匂わせると、とたんに店員のやる気がなくなるのでパス。

・選択肢その2 携帯電話のテザリング
auの携帯電話を使っているのですが、携帯電話を無線LANルータにできるNEXfiというものが去年発売されているので調べてみたところ、私の携帯では使えないことが判明。
IS04以降のアンドロイド携帯もテザリングできるらしいけど、こちらは発売時期が分からないのでこれもパス。

・選択肢その3 UQ Wimax
上記2つの選択肢がつぶれて、ようやく思い至ったのがUQ Wimax。しかも「Try Wimax」という無料で15日間試せるキャンペーンもある。

ということで、早速Try Wimaxを試してみました。
端末はURoad-7000SSというやつ。
感想は「なかなかいい。いや、すごくいい」
設定はほとんどないと言っていいし、iPod Touchから使う分には速度的にはまったく問題ない。
3日ほどで、ほとんど手放せなくなりました。

もともといろんなアプリが充実しているので、RSSリーダーだろうがメールだろうがゲームのダウンロードだろうがTwitterだろうがWebのブラウズだろうができないことはほとんどありません。
携帯のWebでできることはすべて置き換わりました。
Twitterはつぶやく数が飛躍的に増えましたね。
しかも、携帯サイトだとニュースとか乗換案内なんかが「これ以上の機能は(有料の)会員登録を」というのが、iPod Touchからだと通常のネット利用になるので不要。
煩わしい思いをしなくて済むようになりました。
これも大きい。

一方で、携帯に比べると電波が利用できない場面がちょっと多いです。
例えば、地下鉄のホームとか。これは後発の事業者だからしょうがないかも。
あと、入り口がせまいお店でちょっと奥に入った場合も電波が届かない場合がありました。

あとは電池の持ちが悪い。今回利用したURoad7000SSだと連続使用可能時間は3.5時間です。
これは通勤中と休み時間だけ使うようにして、あとは電源を切っておくことでしのぎました。
最近は8時間使用可能な端末も出たようなので、それに期待ですかね。

たぶんTry Wimaxのお試し期間が終わったら契約すると思います。
万一出張が終わって使わなくなっても、2年とか無駄に長い縛りがないのがいいですね。
posted by 岩永 at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | テクノロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。