2011年05月06日

Twitterのbotを作ってみる【時刻指定のコマンド実行編】

先日作ったTwitterのbotは
・今日のスケジュールをつぶやく(「本日は19:30から会合の予定です」「本日はキャンプの予定です」)
・明日のスケジュールをつぶやく(「明日は会合の予定です」)
・来週のスケジュールをつぶやく(「来週は○日に会合の予定です」)
・過去の行事の写真を投稿する
というものです。

今日のスケジュールがつぶやけるなら、スケジュールの開始時間になったら「会合なう!」とつぶやくのも面白いかな、と考えて、指定時刻つぶやき機能を実装してみることにしました。
実装に使用したのは実質1コマンド。
Linuxのatコマンドが時刻指定の実行コマンドだったので、それを使用しました。

もともとの「今日のスケジュールをつぶやく」スクリプトで、時刻が指定されていたらその時刻に「○○(行事名)なう!」を引数にしてつぶやきスクリプトを実行するようにしました。
コマンドはこんな感じ。

cmd_str = 'echo "/usr/local/bin/python /(スクリプトのパス)/スクリプト名 %sなう!" |at %s' % (event_str, start_time)
os.system(cmd_str)

event_strとstart_timeは前処理としてつぶやき作成時に切り出してます。
これだけでstart_timeで設定している時刻にスクリプトを実行することができました。
ラベル:Twitter bot
posted by 岩永 at 04:55| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。