2005年12月07日

ポッドキャスト内の言葉を拾う検索エンジン

Wired Newsの記事によると、ポッドキャスト内の音声をテキストに変換してインデックス化し、
キーワードによる音声コンテンツの検索が行えるサービスが登場したらしい。
これまでは、音声ファイルの説明文などのメタデータをキーワードに使用していたことから
検索精度はかなり向上するのだろう。

元記事によると

ラーツ氏によると、アナリスト用ツールは主にアラビア語の放送に的を絞り、たとえば、カタールの独立系衛星テレビ局『アルジャジーラ』のニュースをリアルタイムで翻訳し、人名や地名などアナリストが興味を持ちそうな単語をハイライト表示するという。さらに、発言者の声の特徴を追跡する機能もあるので、たとえば、オサマ・ビンラディンの声を含む放送だけを選び出し、該当部分を抜粋するといったこともできる。

とのことなので、元々は軍事関連の技術として発達したのかな。
日本語に対応してくれたらぜひ使ってみたいね。
posted by 岩永 at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | テクノロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。