2005年12月08日

タクシー風力発電内蔵した表示灯開発 携帯充電も

京都のエコロ二十一というタクシー会社が、風力発電機を内蔵した表示灯を開発したらしい。

タクシーの屋根に取り付ける表示灯にプロペラを組み込み、走行中の風を利用して発電し
表示灯や料金表示器の電源に用いるんだそうな。

発電能力は最大10wで、発電した電気を専用のバッテリーに蓄電し、
表示灯や料金表示器の約300個のLED用の電力として利用したり、乗客の携帯電話を
充電できたりするんだって。

写真で見たところ、かなりでかそうなんだが…
12月14日に京都の二条駅からパレードをやるらしい。近隣の人は見てみるといいね。

風力発電ってそんなに発電効率いいものなのか。これならタクシーだけじゃなくて
路線バスや電車に組み込んでもよさそうじゃないかな。
面白いからもっといろいろなところに広がって、プロペラをくるくる回しながら走る
車が増えてほしいね。
posted by 岩永 at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | テクノロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。