2009年07月07日

コーチングを学んで変わったこと(その2)

今日、コーチングの勉強(週に3回電話会議で講義を受けています)をしていて発見したことがあります。
前回は「人がしていること」ではなく、「その人そのもの」に注目するようになったと書きましたが、もう一つ。
「人の話を最後まで聞くようになった」です。

いつも必ずできるわけではないのですが、人の話を聞こうと意識するようになりました。
できるだけ最後まで口を挟まないように気をつけるし、「人の話を遮ろうとしている」と自分で分かるようになりました。
あたりまえのことのようですが、その「あたりまえ」ができてなかったし、できてないことに気づいてなかったんですね。

コーチングのおかげで「聞く」ということをかなり意識できるようになりました。

posted by 岩永 at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | コーチング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。