2010年07月15日

ETロボコン2010参戦記(転倒検知機能を組み込んでみる)

最近、ロボコンに全く時間が取れなかったんですが、ようやく少しずつ検討を進めてます。
もうすぐ試走会なんで、本当はもっとガンガン進めておくべきなんですが…

で、転倒検知機能を組み込んでみました。
道のりは以下の通り。

転倒=急激な姿勢の変化、ということで、ジャイロセンサの値の変化を見ればいいんじゃね?
→スタートして即機能停止してしまった。

急激な姿勢の変化、ということで、ジャイロセンサが一定値以上(または一定値以下)になったら転倒とみなして機能を停止するようにした。
しかしそのような変化は、ロボット起動時にも起こる。
起動直後のふらつきや、それを抑えるための挙動を転倒と判断し、起動直後に機能停止していた。
大失敗。

じゃあ転倒したりロボットを持ち上げた時に車輪がぶんぶん回って暴走するんで、それを検知したら?
→なんとなくよさそう

車輪が一定時間内に一定角度以上回ったら車輪の暴走=転倒とみなすように作ってみた。
「一定時間」も「一定角度」も調整の余地ありだけど、ロボットを持ち上げた時やロボットが転倒した時にちゃんと車輪を停止させるので、目的は達成できた。

詳細なロジックやコードは各自お考えくださいということで。
posted by 岩永 at 02:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。