2010年09月29日

自宅サーバの監視カメラ機能追加その後のその後のさらにその後

一度はxawtvを入れて監視カメラ出来た〜!と喜んでいたのですが、うちには諸事情あってWebカメラが4台あります。
xawtvだと常時プロセス起動で写真を取るので、4台起動したければ4プロセスでバチバチ撮りまくることになるかな〜
じゃあそんなに頻繁に撮らなくていいから他の方法はないかな、ということで、結局fswebcamを使うことにしました。
LinuxにWebカメラを3台接続し、1台はWindowsマシンでSkype用に。3台のWebカメラのうち、普通に撮影できる2台は昼間の監視用、赤外線で撮影できる1台(GroovyのGR-CAM130N2)は夜の監視用にして、昼と夜の撮影用スクリプトを書いてcrontabで8時〜18時は昼用スクリプト、18時〜翌8時は夜用スクリプトが起動するようにしました。

あ、ちょっと大変だったのは、カメラごとにカラーパレット(-pオプション)が必要だったり不要だったりするので、撮影できないときはpオプションをいろいろ変えてみること。
あと、(--fontオプションで)フォントのパスを指定しないと画面下部に撮影日時のバナーが出ないので注意。
posted by 岩永 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。