2011年04月30日

Twitterのbotを作ってみる【画像投稿プログラム作成編】

次は画像投稿の処理だけど、Picasa Web AlbumのAPIがよく分からない。
http://code.google.com/intl/ja/apis/picasa/ ではPicasaにボタンを追加するだけしかできないの?
と思ったら、これはWeb AlbumではなくてPicasa(アプリ)のAPIなのか。
Picasa Web AlbumのAPIなら画像を検索してダウンロードできそうだ。
Picasa Web AlbumのAPIでPythonが使えるのはV1しかないみたいなので、V1でスクリプトを作成。
こちらは簡単にPicasaから任意のアルバムと写真を取ってくることができた。
「任意の」には乱数を使用。まずアルバムのリストを取得して、randintでアルバムを選択。
それからアルバム内の写真のリストを取得して、これもrandintで写真を選択。
適当なアルバムから適当な写真を選択し、URLを取ってくることができた。
アルバム名は「年+月+行事名」としているので、アルバム名から「XX年YY月の○○の様子です」というコメントを作成した。

次はTwitterに投稿するAPIを探そう。
自分自身のTwitterアカウントから画像を投稿するときは、TwitPicを使ってるので、同じのがいいな。
TwitPicもAPIを公開しているみたいだ。Python-Twitpicというライブラリを発見。
これで勝つる!
TwitterのOAuth Keyを使って、それほど困らずにTwitpicへ画像とコメントを投稿することができた。
さらに戻り値として投稿した画像のURLなどが得られるので、そのURLを使って今度はTwitterに投稿する部分も作製した。
(古いバージョンのAPIだとPython-TwitpicでTwitpicへ投稿+Twitterに投稿できるが、新しいバージョンではできないみたいだ。)
ラベル:Twitter bot
posted by 岩永 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。