2006年12月11日

GTDなHacks029:「広告メールや迷惑メールは目につかないようにしてしまおう」

メールの処理を効率的に行うために、サブフォルダの作成と振り分け機能の活用をするということを話しました。


今回は振り分けたメールをどう扱うかと言う話です。


日々受信するメールで最も邪魔で必要ないものが、広告メールや迷惑メールですね。


こういったメールを開いて目を通したり、ゴミ箱へ移動させたりするのは時間の無駄で、悔しいですよね。


最近は、ThunderBirdなど、迷惑メールフィルタ機能が付いたメールソフトやSpamMailKillerPopfileなど、メールソフトと一緒に使う迷惑メールフィルタがあります。


こういったソフトは、迷惑メールに目印をつけたり、迷惑メールの受信自体をしないですむようにしてくれる便利なソフトです。


迷惑メールは、便利なソフトと振り分け機能で、専用のフォルダやゴミ箱に入れてしまいましょう。


専用のフォルダに入れてしまう場合は、振り分け機能のオプションで「既読にする」を入れておくと、迷惑メールは受信したメールの数にカウントされないようになるので、「こんなにたくさん迷惑メールがある」といやな気持ちにさせられることもありません。


時間を無駄にしないためにも、いやな気分にさせられないためにもメールソフトの機能を活用しましょう。
posted by 岩永 at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Life Hacks/GTD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29383197
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。