2007年01月15日

GTDなHacks033:「メールを読む時間はたっぷり取る。スキマ時間だけで片付けようとしないこと。」

メールを読み、処理していくのは結構時間がかかります。


受信したメールにざっと目を通し、すぐ処理できるものは処理し、あとで
処理するものと振り分けるだけでも時間が必要です。


ですから、メールを読んで処理する時間というのも、
メールを受信するたびにスキマ時間で片づけるのではなく、
「何時何分から何時何分まではメールの時間」というように
メールを処理する時間を決めてしまいましょう。


せっかく仕事をしていたのに、メールを受信したからといって、
それを中断してメールを読み始めたとしましょう。


簡単な内容(連絡とか確認など)だったら見るだけでいいですが、
返信や検討が必要な内容だったら、今度はそのメールの内容について
処理を始める必要があります。


メール受信のたびに今やっている仕事を中断してメールを読むのは、
それまでやっていた仕事の流れを断ち切ってしまうし、このように
メールの内容で中断の時間が変わってしまうのでとても不便です。


また、仕事と仕事の合間のスキマ時間に処理しようとするのも危険です。
やっぱりメールの内容次第でスキマ時間のはずが、大きな時間を
取られることになるからです。


仕事をする時間は仕事に集中し、メールはメールで処理に集中するため、
仕事の時間とメールの時間ははっきりと分けましょう。
posted by 岩永 at 06:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Life Hacks/GTD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。