2007年10月06日

プリンタが壊れた

ある日、家のFax の用紙が切れたので、うちのプリンタ(HP PSC2450)が複合機になっているのでそれで代用した。
いくつかFaxを受信し終わってパソコンにつなげたら、プリンタが立ち上がらない。
次の日にサポートに電話すると、「これはもうダメかもわからんね」ということになってしまった。

同じ会社(HP)の最新のプリンタに有償(ただし市販価格より格安)で交換ということになった。
コピー、スキャン、印刷、Faxの複合機というのは同じで、無線LANと有線LANに対応。
コピーにはADF(自動紙送り)がついている。さすが最新。

一応市販の他のメーカーのも比べたんだけど、Faxまで対応している機種は業務用みたいなでかいのしかなかった。
無線LAN対応も同様。
Faxはこれまでも使ってなかったら気にしなかったんだけど、一度いいスペックのものを知ってしまうとどうしようもないね。

しかし今までのプリンタが普通に使っている分には問題なかったのに、たかが数枚Faxを受信しただけで死んでしまうとは。
諸行無常ってやつか?
posted by 岩永 at 13:14| Comment(0) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/59186361
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

fax ソフトウェア
Excerpt: ファックスの概念の始まりは、電話などの通信の発展がきっかけでした。 電話は音声を伝えることができますが、音声だけでなく画像も伝送したいという要望が出るのも自然な流れと言えるかもしれません。そこで、画像..
Weblog: FAXとは
Tracked: 2007-10-26 15:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。