2010年02月28日

ETロボコン2010参戦記(プロローグその1)

2月某日

ISIT(財団法人九州先端科学技術研究所)よりETロボコン説明会のお知らせが届く。
とりあえず社内に転送して周知した。

このころはプロジェクトが忙しく、考える余裕もなかった。
posted by 岩永 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

Skypeで国内通話が無料!?

なんと、国内通話が今年いっぱい無料になるらしい!
ただしアメリカとカナダでの話。

登録ユーザ数がこの間1億を越えたと言っていたが、それでもやっぱり競合とのシェア争いが厳しいんだろうな。
他社が定額での通話無制限プランを打ち出しているときに、「年内無料!」と打ち出すとインパクトは強いだろう。
最大100人が参加可能なSkypecastという電話会議システムも先日公開されたし、企業ユーザ、個人ユーザ両方に浸透していきそうだ。

Skypeが北米ユーザーに「SkypeOut」サービスを年内無償提供

Skype、米国とカナダで固定/携帯電話への通話無料化

スカイプ、一般電話宛てVoIP通話サービス「SkypeOut」を年内無料に
posted by 岩永 at 05:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月29日

Fedora Core5インストールした

IMGP0802.JPG

インストールしました。
Fedora Core4までと画面が変わってちょっとポップな感じになっててびっくり。

IMGP0803.JPG

とりあえず入れただけ。
これからいろいろ設定して、サーバにしようと思います。
posted by 岩永 at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

Google Analytics導入

かなり前にサービスが始まったが申し込み殺到により受付を停止してたGoogle Analyticsがようやく使えるようになったらしく、案内が来たのでサービスを申し込んだ。

アクセス解析自体はSeesaa自体でもサービスしているし、日・時間ごとのアクセスやリファラ・検索サービスから訪問したときのキーワードなどが分かるようになっていて便利だ。

しかしGoogle Analyticsではさらに細かい情報が分かるみたいだ。
まずびっくりしたのが、訪問者のアクセスポイントらしい情報が世界地図上に表示されること。
なかなか面白いよね。
単純なアクセス解析ではなく、経営層向け、マーケティング担当者向け、ウェブマスター向けに特化した本格的な分析ができるみたいで、訪問時の検索キーワードは当然として退出率やHTTPヘッダから得られる訪問者の情報などさまざまな情報を参照できるようだ。
興味本位から申し込んでしまってごめんなさいという気分になってしまう。

分析可能項目が本格的過ぎて、使いこなせない気がするけどいろいろ分析してみたいと思う。
posted by 岩永 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月17日

「Gmailのメールをpopfileに通す方法」の反響

最近、Gmailのメールをpopfileに通す方法というエントリをykatoの日記というところで紹介してもらい、
急にアクセスが増えました。
ありがとうございます。

ちなみに、上のエントリに書いてある方法を使うと、ひとつ困ったことがおきます。
それは、「そのままではメールが送信できなくなる」というものです。

サーバにアクセスするアカウントをpop.gmail.com:995:yourmailadress:sslとしちゃうので
smtpサーバにアクセスするときのアカウントが正しくないわけですね。

今のところ、対処方法は「送信の都度アカウントを書き換える」ぐらいしか
思いつきません。

秀丸メールのマクロでどうにかしようと思ったけど、どうにもならないっぽい。
誰か良い方法があったら教えてください。
posted by 岩永 at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月27日

Google Mapsでゲーム

Google Mapsで鈴鹿サーキットを試走!というページがあるらしい。
Google MapsのAPIを利用してゲームを作ってしまうという発想がナイス。

地図データをもとにコースを走るので、まさにリアルなシミュレーションだろう。
(とはいっても、2Dだし「コースがほぼ本物」というだけで走行感覚まではリアルにはならないけど)

Google MapsやSkypeなどAPIを公開しているものがいろいろ増えてきたけど、次にどんな面白いアイデアが生まれてくるんだろうか。
(お前はどうなんだという話はなしで…)
posted by 岩永 at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

Gmailのメールをpopfileに通す方法

時々 "Gmail" + "popfile" というキーワードで検索して、このブログにたどり着く人がいる。
(Googleでは検索結果のトップに来るみたいだ)
popfileの復活ついでにGmailの受信メールをpopfileに通してみたらうまくいったので、ここに書いておく。

「Gmailは強力なスパムフィルタがあるからわざわざpopfile通さなくてもいいじゃん」と
思う人もいるだろうけど、実はそうでもない。

popfileに「スパムじゃないけど、読む必要がないメール」を学習させることで
メールチェックがより効果的になるんだ。(おっ、Life Hacksだ!)

たとえば、時々”号外PR版”などの広告が混ざるメールマガジンとか、
一日 or 週に数回送られてくるメールニュースの、特定の号だけ読みたい場合など
内容でフィルタリングできるので、かなり便利だ。

ということで、設定方法は以下。

・メーラーからアクセスするメールサーバのポート番号を 995 → 110 に変更(POP over SSLを外す)

・メーラーからアクセスするメールサーバを"127.0.0.1"に変更

・サーバにアクセスするメールアカウントを"pop.gmail.com:995:yourmailadress:ssl"に変更

これで

メーラー → 110番ポート → popfile → 995番ポート(SSL) → Gmailサーバ

というアクセスになって、popfileを通してGmailのメールを受信できるはず。
僕の場合はこれでOKだった。
アンチウイルスソフトの設定がある場合は、プロキシ・チェイニングを参考にして
上のやり方と組み合わせてみて欲しい。

うまくいったら(質問がある場合も)コメントちょうだい。
posted by 岩永 at 23:33| Comment(14) | TrackBack(1) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

popfile復活!

popfileの調子がおかしくて、UIが起動できないままだったのが解決した!
この間までPerlを再インストールしたり、popfileを再インストールしてみたけどぜんぜんダメだった。

10月末にpopfileの新バージョン(0.22.3)が出たので、祈るような気持ちでインストールしてみた。
そしたらなんと!動いたじゃないですか!

今までいろいろ苦労したのが嘘みたい。
何の問題もなかったかのように、popfile起動後、UIまで確認することができた。
バックアップしていたフィルタリングデータを復活させて、
メールクライアントの設定も変更して、Ciphire Mailとpopfileを共存させることが
できるようになった。

メーラーからpopfileにアクセスするポートと、popfileからメールサーバに
アクセスするポートがどちらも110番ポートなのがまずいのではないかと思っていたけど
それはまったく関係なかったようだ。

メーラー → 110番ポート → popfile → 110番ポート → メールサーバ

という設定で、快適に動いている。(動作も気持ち早くなった気がする)
Perlのバージョンが古いのが問題だったのかな?

メーラーからアクセスするポートをいろいろ変えてみて分かったのだけど、
Ciphire Mailはメーラーが110番ポートにアクセスするのを監視しているっぽい。
たとえば

メーラー → 123番ポート → popfile → 110番ポート → メールサーバ

という設定にした場合、メールは受信できるけど、Ciphire Mailが受信メールの監視をしなくて、
暗号化されたメールを受信できなくなってしまった。
メーラーからアクセスするポートを110番に戻したら、ちゃんとCiphire Mailが動いてた。

ということで、結局不具合の原因は分からずじまいだけど、
最新のpopfile(とPerl)のおかげで快適なフィルタリングができるようになった。
posted by 岩永 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

Google Talkでビデオチャット?

・Google Talk向けビデオ・プラグイン、米Santa Cruzが無償配布

うーん、Google TalkにもFestoonが使えるようになったのか。
Google Talkにも興味があるんだけど、タダでさえGoogle SearchやGmailや
ツールバーでGoogle依存度が高いのに、これ以上Googleにはまっていいものかという
微妙な感情から、導入を躊躇してる。

僕はSkypeユーザで、SkypeにはFestoon(ビデオチャットを可能にするプラグイン)を
入れている。まだ使ったことないけど。
だいたいSkypeも最初は面白がっていろんな国の人と話したけど、最近は居留守気味だったり
テキストチャットだけだったりして、あまり活用していない。
(保育園のお母さんたちと話すのに使うようになるかも)

あと、コンタクトリストの追加要求をいきなり送ってくるのは止めてほしいよね。
テキストチャットやボイスチャットでそれなりに話をしてからにしてほしい。
ぜんぜんタイトルとは関係ない話になったけど、Skypeは楽しいということで。
posted by 岩永 at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

Wink for OSXをMac miniに入れてみた

Mac miniは「Windows用のキーボードとマウスが使える」ということをウリにしているけど
いまいち微妙にキーアサインが分かりにくかった。
で、Wink for OSXというソフトを見つけた。

「WinK for OSXを導入すると、英数、かな、イジェクト、メディアボリュームUp,Down,Mute、パワーキー、が利用可能になります」
ということらしい。
まあ、普通に使ってもあまり困りはしなかったんだけど、Windows日本語キーボード固有のキー(無変換、変換、かななど)に
機能が割り当てられてことえり(僕の場合)のオン/オフができるようになった。

僕は以前書いたようにRATOCのPC切り替え器を使っているけど、切り替え器経由で使っても特に問題はないみたいだ。

Wink for OSXはシェアウェアで、試用中は一定回数入力をすると「これはシェアウェアですよ」というウインドウが出る。
ウインドウを消さないと次の操作ができないような押し付けがましさがないのが好感。

ところで、実はこのソフトを入れても「いまいち微妙にキーアサインが分かりにくい」のは変わってない…
Macはメインで使ってないからと言い訳しておこう。
続きを読む
posted by 岩永 at 02:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月21日

Ciphire Mail導入記(初投稿!)

結構前から登録だけしてたんだけど、ようやく書き始めることにしました。
何から書こうかな。

Ciphire LabのCiphire Mailというのをインストールしてみたので、その顛末から。


HotwiredのニュースからCiphire Mailというツールの存在を知って、インストールしてみようという気になった。

このツールは、メールの送信先が同じCiphire Mailのユーザだったらメールを暗号化して、電子署名もつけて送ってくれるらしい。
相手がCiphire Mailのユーザでない場合は、電子署名だけつけてくれる。

このときはまだバージョンが0.9いくつかで、とりあえずインストールしてみたんだけど、よくわかんなくて結局アンインストールした。

しばらくたって、いつの間にかバージョンが1.0になってたので、再度インストールに挑戦。
結果として、いくつか問題があるもののとりあえず順調に動いているみたい。

まずはインストール。
特に問題はなく終わった。ここからがポイント。
Ciphire Mailを起動して、暗号化対象のアカウントを設定する。
アカウントを設定すると、Ciphire Labのサーバから認証のためのチャレンジメッセージを送ってくる。
送られてきたチャレンジメッセージを受信しようとすると、Ciphire Mailがそれを横取りして認証が完了する。
もしここでチャレンジメッセージが受信できてしまったら、Ciphire Mailがうまく動いてないということになるみたい。

ここでまず最初の問題。
最初、GMAILのアカウントを暗号化の対象にしたのだけれど(GMAILのアカウントを4つ持っていて、4つともPOPで受信してる)、なぜかチャレンジメッセージが受信できてしまう。
多分SSLを使っててPOPのポートが110じゃないせいだと思うんだけど、どうしたらいいのか分からない。
Ciphire Labに問い合わせたこともあるけど、「GMAILも問題なく使えるよ」という返事だけもらってて、設定の仕方は分からない。
(ちゃんと教えてもらえという話もあるだろうけど…)

仕方がないので、メインに使っているアカウントで再度チャレンジ。今度はうまくいった。
しかしここで再び問題。
それまで、スパムメール対策にPopfileを使ってた。
Ciphire Mailはこいつとも相性が悪いみたいで、メールが受信できなくなっちゃった。
(以前トライしたときも同じ問題でCiphire Mail導入を断念した)
これもCiphire Labに問い合わせてみたら
以前のバージョンのPerlに問題があるみたいだよ(超意訳)
と教えてもらったので(勘違いだったら教えて)Perlをバージョンアップしてみた。

しかしこのとき、テンパっていてPopfileもPerlも停止させずにインストールしてしまったんで
Popfileが動かなくなってしまった!
Popfileは起動してるんだけど、メール受信できないし、UIも起動できない。
どうしたらいいんだろうと困り中。
しかたがないので、今はメーラー(秀丸メール)の迷惑メールフィルタでガマンしてる。

ちなみに、PopfileとCiphire Mailの相性が悪いのは、多分

メーラ →(110番ポート)→ Popfile →(110番ポート)→ メールサーバ

というアクセスをしていたせいで、どっちかの110番ポートアクセスにCiphire Mailが割り込んでうまくいかなくなっていたんだと思う。
これはPopfile導入時からの設定ミス。
検証したいのだけど、Popfileが動かないのでどうしようもない。

とりあえずPopfileの設定とデータベースをバックアップして、PerlもPopfileもアンインストールしている。
Popfileだけ再インストールしても動かなかったから、次の手を考えないといけない。

まあ、今までと同じ環境+Ciphire Mailというのは無理だったけど、Ciphire Mailの導入にはとりあえず成功しています。今のところ特に不都合はありません。

あー、不思議な現象が一つ。
Ciphire Mailを使ってない人(やメーリングリスト)にメールを出すときには電子署名がつくんだけど、ためしに会社の自分のアカウントにメールを出して、電子署名の検証をしてみた。
そしたらなんと、検証に失敗している!
なんでだろう?やり方を間違ってるっぽいけど、どうしたらいいのか分かりません。(こればっかり)

だれかいろいろ教えてください。マジで。
posted by 岩永 at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。