2007年06月19日

GTDなHacks048:「仕事の勝ちパターンを習慣にする」

新しい習慣を身につけるためのHacksをお届けしています。


新しい習慣を身につけるには、辛抱強く繰り返すことが必要です。


習慣が身につくまでは、なかなか辛く苦しい道のりですね。


それでは他に良い方法はないのでしょうか?


一つは、「得意なことを習慣にする」と言う方法があります。


仕事(プライベートでもいいですが)で、たとえば資料の作成、契約の
クロージングなど、自分が無意識に行っている得意な一連の作業を
洗い出してみましょう。


そして、その作業を習慣とするのです。


「今までできていたのだから当たり前」と思われるかもしれませんが、
無意識に行うのと意識して行うのでは自分が得られる効果が違います。


また、一連の作業がなぜ得意なのかを分析することで、自分の強みを
発見し、他の行動にフィードバックできます。


どうか自分の行動を振り返って、強みを発見してください。

----------------------------------------------------------------------
【 おしらせ 】
----------------------------------------------------------------------
5月から、コーチングの勉強を始めました。
コーチングとは、カウンセリングやコンサルティングに似ていますが、
「答えは相手の中にある」という信念のもと、相手の問題解決や目標達成を
会話によって手助けするものです。
下記のサイトではコーチングの概要を解説しています。
Wikipedia:コーチング

コーチとして学んだスキルを皆さんにフィードバックしたいので、
お試しコーチングのクライアントを募集します。

電話による30分のコーチングセッションを行います。
何か相談したい・解決したい・話したいテーマのある方は、
お名前、話したいテーマ、希望するセッションの日時を書いて
tombumailmagazine@gmail.com までメールをください。

なお、私も昼間は会社員として働いていますので、セッション可能な時間は
平日20時〜23時、土日は終日となっています。

お試しコーチングは無料です。
継続してコーチングを受けたいという希望があれば、その場合は
有料になりますが、別途相談させていただきます。
posted by 岩永 at 05:44| Comment(0) | TrackBack(0) | Life Hacks/GTD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GTDなHacks047:「よい習慣は取り入れるのが難しく、悪い習慣は取り入れるのがやさしい。」

新しい習慣を身につけるためのHacksをお届けしています。


習慣というのは、身につくまでに繰り返すことが必要です。


しかし、自然にできるようになるまで続けるのは苦しいものです。


身につけたくない習慣(だらだらとテレビを見る、ネットを見るなど)は
意識してなくても繰り返してしまい、いつの間にか取り入れてしまうことが
よくあります。


本当はやりたいわけではないんだけど、なんとやってしまう「悪い」習慣は
気がつかないうちに身についてしまいます。


本来の身に付けたい習慣を継続して実施し、身につけたくない悪い習慣は
実施しないようにするためにはどうしたらいいのでしょう?


そのためには、常に自分の行動を意識する必要があります。


身につけたいことを繰り返し実行するために意識する。


身につけたくないことを実行しないように意識する。


自分との戦いです。

----------------------------------------------------------------------
【 おしらせ 】
----------------------------------------------------------------------
5月から、コーチングの勉強を始めました。
コーチングとは、カウンセリングやコンサルティングに似ていますが、
「答えは相手の中にある」という信念のもと、相手の問題解決や目標達成を
会話によって手助けするものです。
下記のサイトはなどでビジネスコーチングを解説しています。
@IT

コーチとして学んだスキルを皆さんにフィードバックしたいので、
お試しコーチングのクライアントを募集します。

電話による30分のコーチングセッションを行います。
何か相談したい・解決したい・話したいテーマのある方は、
お名前、話したいテーマ、希望するセッションの日時を書いて
tombumailmagazine@gmail.com までメールをください。

なお、私も昼間は会社員として働いていますので、セッション可能な時間は
平日20時〜23時、土日は終日となっています。

お試しコーチングは無料です。
継続してコーチングを受けたいという希望があれば、その場合は
有料になりますが、別途相談させていただきます。
posted by 岩永 at 05:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Life Hacks/GTD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月28日

GTDなHacks046:「習慣が環境の変化でダメになってしまわないように、他のやり方でも効果が出るようにしておこう。」


新しい習慣を身につけるために、定期的に繰り返していることが
あったとします。


いろんな要因で、いつもと同じようにできない場合が出てくるでしょう。


たとえば、急に用事が入った、出張に出た、来客があったなど…


そういった場合にも、ある程度の効果が出せるように、習慣にしたい事柄を
実行するパターンをいくつか用意しておきましょう。


そういう保険をかけておけば、何か突発的な状況になっても楽に対処が
できます。


考え方を柔軟に!
posted by 岩永 at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Life Hacks/GTD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月24日

GTDなHacks045:「新しい習慣を取り入れて試してみる場合、自分に合っているかどうか判断する基準をしっかり持っておこう。その基準に従って続けるかどうかを決めよう。」

習慣を身につけるには、その身につけたい行動(習慣)を
実施することが必要です。


実施するに当たって、アプローチ(方法)がいくつか考えられるでしょう。


その方法が自分に合っているかどうか、以下のようにして試して見ましょう。


・○日間続けてみる


・○日間経ったら、別の方法に変えてみる


・そのうえで、続けるかどうかを判断する


試した結果から、それを習慣として続けていくのか判断し、
一番しっくり来る、実行しやすい方法を採用するといいでしょう。


「続けなくてはいけない」習慣の場合は、
(「○○しないといけない」というのはあまりお勧めしないけど)
一番楽に続けられる方法を選ぶようにしましょう。
posted by 岩永 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | Life Hacks/GTD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

GTDなHacks044:「他人の習慣でも、よいと思ったことは積極的に取り入れてみよう。 他人からも、本からも、学ぶことはたくさんある。」

新しい習慣を身につけるための話をお届けしています


新しい習慣を取り入れるには、何が必要でしょうか?


今までにも書いていますが、ポイントとしては
・まず始めること
・始めたことを続けること


この2つが重要です。


今回は1つ目のポイントである、「まず始めること」について話します。


以前にも書きましたが、新しい習慣を身につけるためには
最初の一歩を踏み出す必要があります。


その敷居を低くするために、他の人が実践している習慣を
取り入れるようにしてみましょう。


周りを見回せば、手本となる習慣はあちこちにあります。
・本
・Web(Blogなど)
・周りにいる人


本やWebには具体的な実行方法も書いてあったりするので、
まねして取り入れるのは簡単です。


まねして悪いことはありません。良いものは積極的に取り入れてみましょう。
posted by 岩永 at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Life Hacks/GTD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

GTDなHacks043:「習慣化の敵は、手抜きしたがる誘惑だ。「忙しいから」とか「ちょっとだけ」という言葉に惑わされないように。」

習慣化についての話を続けます。


新しい習慣を身につけるために、繰り返すことは難しいと前回話しました。


人間は弱いので、ちょっと「イヤだな」と思うとすぐ楽なほうに
流れてしまいます。


よく、「ダイエットは明日から」なんて言葉を聞きますよね。
いつまでたっても「明日から」を繰り返して、なかなかダイエットが
始まらなかったりします。


新しい習慣を身につけるために、繰り返し実行する場合も、同じように
自分に言い訳して手を抜こうとする気持ちが出てきます。


これを乗り越えて同じことを続けるのは大変難しい。
手を抜きたい気持ちに従ったほうが楽だからです。


楽をしたい、手を抜きたい気持ちに負けずに習慣を身につけるには
できるだけ考えずに習慣を続けられるような仕組みにすることが必要です。


「イヤだな」が入り込む余地をなくすのです。


たとえば、朝起きた時にすることであれば、寝る前に準備をしておき、
起きたらすぐに取り掛かれる状態にしておくのです。
posted by 岩永 at 06:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Life Hacks/GTD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

GTDなHacks042:「新しい習慣は始めることは簡単だけど、続けるほうが大変だ。習慣を身につけるコツを発見しよう」

前回、新しい習慣を始める決まった時間帯を決めるとお伝えしました。


試してみた方はいらっしゃるでしょうか。


単純に「始めてみる」のは、実は簡単なのです。


「よし、やってみよう」と心に決めて、行動に移すのは、
ある程度の意志の力があればできるのです。


しかし、それを毎日続けるのは、始めるよりももっと意志の力が
必要なのです。


個人的な話で申し訳ないのですが、僕もTOEIC受験のための勉強など
始めることはできるけど、習慣にできないことがいくつもあります。


その一方で、このメルマガのように毎週発行することが習慣となったものも
あります。


この違いは何でしょうか?
TOEICの勉強はなかなか続かず、メルマガ発行を続けることができたのは
なぜでしょう?


僕の場合は「他人(この場合は読者の皆さん)に対する責任があること」が
理由のようです。


TOEICの受験は完全に個人的な目標で、勉強しなくても誰もチェックしないし
誰も困りません。


しかし、メルマガの場合は他人(読者)に向けて書いているので、
発行し続ける責任があります。


このように、続けざるをえない(続けたくなるような)理由があると
一度始めたことが継続できるのではないでしょうか。


・他人(家族や友人)に宣言する


・紙に書いて貼り出す


・同じことを続ける同志を見つける


など、習慣として続けられるような工夫をしてみてください。
posted by 岩永 at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | Life Hacks/GTD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

GTDなHacks041:「習慣にしたい仕事をするための決まった時間帯を決める」

皆さん一日何回歯を磨きますか?


大体一日に3〜4回磨く人が多いでしょう。
歯を磨くのは「習慣」になっていますよね。


その歯を磨く時間は食事の後や寝る前といった決まった時間に
磨く習慣になっているはずです。


ではなぜ習慣になっているのでしょうか。


きっと小さいときから食事の後や寝る前に歯を磨くように
親から教えられたからでしょう。


食事の後や寝る前といった決まった時間に歯を磨くという
行動の繰り返しが、「習慣」になっているのです。


新しい行動は、繰り返しやすい決まった時間に
その行動を行うようにすると身につきやすいです。


たとえば毎日/毎週決まった曜日の何時から何時までとか、
PCを起動してから30分間のように行動を起こしやすいトリガ(引き金)となる
行動の後に行うようにしましょう。


最初のうちは意識して新しい行動を取る必要がありますが、
繰り返すうちに「習慣」として身についてきます。
posted by 岩永 at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | Life Hacks/GTD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

GTDなHacks040:「新しい習慣を始めるための勇気を持とう。最初の一歩を踏み出すのは意外と簡単だ。」

みなさんは新しく始めたいことってありますか?


「○○をできるようになりたい」「△△を勉強したい」
「□□の資格を取りたい」


いろいろあると思います。


何かを始める、身につけるには、それを「習慣」にする必要があります。


毎日の生活の一部として組み入れる必要があるのです。


習慣にするには、生活の一部になるまで続ける必要があります。


しかし、その前にまず最初の一歩を踏み出さないといけません。


「○○をできるようになりたい」「△△を勉強したい」
「□□の資格を取りたい」


思うだけなら簡単です。
思うだけでなく、実際にできるようになるためには
行動に移さないといけません。


最初の一歩を踏み出そうと心に決める
「思うだけ」から「やってみる」に変える


始めるのは敷居が高く見えます。


「やってみたい」を「やろう」に変えるには
自分を変える必要があるので、エネルギーが要ります。


そのエネルギーを出すのは大変そうに見えるのです。


エネルギーを出すのは大変そう、敷居は高くて超えるのはしんどそうです。


ですが、何事も始めるために必要なのは、一歩踏み出すだけ
片足を前に出すだけなのです。


大変そうに見えて実はそうでもない。


まずは行動に移すこと、変わろうと決めること、
変わるためのエネルギーを出すこと、勇気を出すことを始めましょう。
posted by 岩永 at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Life Hacks/GTD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月26日

GTDなHacks039:「読まなくなったメールマガジンはどんどん解除する」

まぐまぐやmelma!などから発行されているメールマガジンの中には
役に立つ内容のものがたくさんありますね。


僕はそういったメルマガを取り続けて、気が付くと180誌ぐらいに
なっています。多いときは200誌ぐらいありました。


キャンペーンや懸賞に応募して、広告になっているメルマガを
強制的に登録されることもありますね。


気が付くと自分でも把握できないぐらいたくさん取りすぎているような
ケースもあるでしょう。


また、内容が合わなくなって読まなくなるメルマガも
出てくるかもしれません。


そういう読む必要のなくなったメルマガは、定期的に見直して
解除しましょう。


メルマガは読まなくなっても定期的にやってきます。


メルマガが届くたびに開いて内容を確認したり、
ゴミ箱に捨てたりするのには手間がかかります。


一通一通を処理する手間はわずかですが、
そのわずかな手間も積もるとやっかいです。


そういう手間を取り除いて生産性を上げるようにしましょう。


頻繁に見直しや解除をする必要はありません。
月一回〜2、3ヶ月に一回をめどに見直しと解除をしたほうがよいでしょう。
posted by 岩永 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Life Hacks/GTD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

GTDなHacks038:「内容、目的が分かりにくいメールが多い?自分はそうならないように工夫しよう。そしてそのやり方を相手にも教えてみよう。」

今まで、いくつかメールの処理方法をお届けしましたが、
「そうは言っても…」と思った方も多いと思います。


「メールを振り分ける」などの方法は、メールの件名や本文の形式が
決まっているからできることです。


ですが、日々受信するメールはそんなにお行儀のいいメールばかりでは
ありません。


・件名を見ても内容が分からない
・誰に読んで欲しいのか分からない
・メールの目的(何を依頼している)が分からない


などの問題があるメールは処理しにくいですね。
内容を把握して対処するのに余計な時間を取られます。


少なくとも、自分がメールを書くときはこんな問題はないようにしましょう。


相手の生産性・仕事の手間に配慮して、自分が送られて困るような
内容の分かりにくいメールを送ることの内容にしましょう。


そういう「生産性の高いメールの書き方」をしていると、
勘のいい人はそのやり方を真似てくれるようになります。


仕事の経験の浅い後輩や、大事なことは言わないと分からない人には
教えてあげましょう。


そうすると、自分の仕事の生産性アップになるし、
他人の生産性アップにも貢献できます。


ルールのないところでは、あなたがルールを決めてもいいのです。
posted by 岩永 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | Life Hacks/GTD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月11日

GTDなHacks037:「目的別に複数のメールアカウント(アドレス)を活用する」

メールというのは便利なツールです。


しかし、何でもかんでも同じメールアカウントで受信してしまうように
してしまうと、振り分け設定が細かくなったり、フォルダ分けが
大変になります。


いっそのことメールアカウントを分けるのも、受信メールの振り分けと
同じような効果があります。


ニュースメール用
blogやSNSへの登録用
オンラインショッピング用
メールマガジン用
など、大まかな目的別にアカウントを分けるのもよいでしょう。


最近はGmailのアカウントの取得が申し込み制になるなど、
フリーのメールアドレスもいろいろなサービスがでて取りやすくなりました。


Gmailをオンラインで(Web上で)使う場合はラベルでもOKですが
Gmailを使ってない人やメールソフトで受信するのが好きな人は
やはりアカウントを分けるのがいいと思います。


僕はメインのアカウントでニュースや真面目なメルマガを取るほかに、
軽い読み物メルマガ用のアカウント、ブログに載せているアカウントなど
6つほどアカウントを使い分けています。


そういえば日経ビジネスオンラインでは、アカウントを分けるだけでなく
メールソフトを使い分けると書いてありました。

そこまで徹底しなくてもいいとは思いますが、やはり同じようなことを
考えるんだという例ですね。
posted by 岩永 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Life Hacks/GTD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

GTDなHacks036:「いらないメールはメールボックスから移動・削除しよう」

毎日受信するメールは、読み終わったらどうしていますか?


広告メールやスパムを受信箱に残していませんか?


処理済みのメールがトップの受信箱など、目に付くところに
残っていませんか?


処理済みのメール、どうでもいいメールにメールボックスを
占有させないようにしましょう。


不要なメールはゴミ箱に送りましょう。
また、処理済のメールはメールの内容に応じたフォルダに移動させましょう。


不要なメールを移動させると、受信箱の一覧性がよくなります。
すると、検索性がよくなり、スムーズな処理ができるようになります。


メールが数通あるかないかというちょっとした違いのようですが、
このちょっとした違いの効果は大きいです。


「メールは処理したら即移動」を心がけましょう。
posted by 岩永 at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | Life Hacks/GTD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

GTDなHacks035:「メールは全体がプロジェクトで、一通一通もプロジェクトなので、メールを確実に読んで処理するための仕組みを作る」

「メールを読むのにはスキマ時間ではなくてまとまった時間を取ろう」
というHacksの説明になります。


メールを読むという作業は、GTDでいうところの「プロジェクト」
つまり、2分以内に決断、処理することのできない作業です。


しかも、これはメールを読むこと全体にも当てはまりますし、
メール一通一通の作業にも当てはまります。


メールを一通読む作業自体は2分以内で終わる簡単なことですが
読むだけで終わるものもあれば、返信が必要だったり、
何らかの行動が必要なものもあるでしょう。


メール自体が時間のかかる作業を引き連れてやってくるのです。
これはGTDでは「プロジェクト」に当たりますよね。


だからこそ、仕事の合間に息抜きのつもりでメールを読むと、
思った以上に時間を取られて、やるつもりではなかったことに
時間をかけてしまい、本来やっていた仕事のリズムを崩してしまうのです。


「メールを読むための時間を取りましょう」と言っていた意味が
お分かりでしょうか。


効率的に仕事を進めるには、メールを軽く見ないほうがよいでしょう。
「メールを読む時間」をしっかり取って、仕事の効率を上げてください。
posted by 岩永 at 04:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Life Hacks/GTD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

GTDなHacks034:「次々に受信するメールに振り回されないように、自動受信をやめる。自動受信する場合は間隔を1時間おきとか、午前中に1回、午後に1回など長めに取る」

メールというのはとても便利な道具です。
電話と違い、相手の状況を気にせずに用件を伝えることができます。


今やほとんどの人が、仕事でメールを使い、連絡や作業の依頼などに
メールを活用しています。


また、メールソフトは一定の間隔で自動的に新着メールをチェックして
新着メールがある場合はそれを知らせてくれます。


新着メールを確認する間隔を10分や15分ぐらいにしている人も多いでしょう。
その結果、何が起きるでしょうか。


何か他の仕事をしている最中にも、メールの着信を通知してくるのです。


せっかく書類を書き始めて、その作業に集中していても、
それをさえぎるように、着信の通知が表示されます。


「さっきの用件の返信かもしれない」「重要な用件の連絡かもしれない」
そう思うと、せっかく始めた作業を中断し、メールを確認したくなります。


中断までしなくても、どのようなメールを受信したのかが気になって、
作業に集中できなくなってしまいます。


これでは仕事の効率は上がりませんね。
ではどうしたらいいのでしょう。


思い切って、メールの自動受信はやめてしまいましょう。


先週のHacksでは「メールを読む時間をしっかり取る」と書きましたが、
それに合わせて、メールを読む時間になるまで、メールを受信せずに
仕事に集中するのも良いでしょう。


仕事をするときには仕事に集中し、メールを読むときは
メールに集中する環境を作るのです。


どうしても自動受信したい場合は、自動受信の間隔を1時間ぐらいにして
頻繁に仕事を中断されるリスクを減らしましょう。


仕事をする上で便利で欠かせないメールですが、メールに
振り回されないためにちょっとだけ設定を変えてみてください。
posted by 岩永 at 01:25| Comment(0) | TrackBack(1) | Life Hacks/GTD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

GTDなHacks033:「メールを読む時間はたっぷり取る。スキマ時間だけで片付けようとしないこと。」

メールを読み、処理していくのは結構時間がかかります。


受信したメールにざっと目を通し、すぐ処理できるものは処理し、あとで
処理するものと振り分けるだけでも時間が必要です。


ですから、メールを読んで処理する時間というのも、
メールを受信するたびにスキマ時間で片づけるのではなく、
「何時何分から何時何分まではメールの時間」というように
メールを処理する時間を決めてしまいましょう。


せっかく仕事をしていたのに、メールを受信したからといって、
それを中断してメールを読み始めたとしましょう。


簡単な内容(連絡とか確認など)だったら見るだけでいいですが、
返信や検討が必要な内容だったら、今度はそのメールの内容について
処理を始める必要があります。


メール受信のたびに今やっている仕事を中断してメールを読むのは、
それまでやっていた仕事の流れを断ち切ってしまうし、このように
メールの内容で中断の時間が変わってしまうのでとても不便です。


また、仕事と仕事の合間のスキマ時間に処理しようとするのも危険です。
やっぱりメールの内容次第でスキマ時間のはずが、大きな時間を
取られることになるからです。


仕事をする時間は仕事に集中し、メールはメールで処理に集中するため、
仕事の時間とメールの時間ははっきりと分けましょう。
posted by 岩永 at 06:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Life Hacks/GTD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

GTDなHacks032:「メールマガジンなどの気になるURLはクリップしておいて、後でまとめて閲覧する。(1回にひとつのことに集中する)」

前回、「すぐ処理できるメールは処理する」とお伝えしました。
「すぐに処理できないメールはもう一度未読にする」とも書きました。
それに関連する内容です。


メールを処理するときは、できるだけメールを読むことに集中したい。
だから、メール中に何かのURLが書いてあり、その内容が気になる場合には、
URLをコピーしてテキストファイルなどに取っておき、後で読むようにします。
(URLを読まないと内容が理解できない場合を除きます)


そうすると、「メールを読む」という作業に集中できます。
取っておいたURLが多い場合は、それを自分宛のメールにして
送ってもいいですね。


読まなくてはいけないメールの数を処理して、処理すべきメールを
新しく作り出すわけですね。


僕はニュースメールを読むことが多いので、ニュースの気になるURLは
そうやってクリッピングして後で読んでいます。

「今日の雑学α」の原稿を作る場合には、自分宛に送られたメールから
記事を拾ってきて原稿を作成しています。


メールのURLに限った話ではなく、メールの内容の重要な部分
(依頼事項やスケジュールの詳細など)をコピー&ペーストして
自分宛にメールで送ったり、ToDoの内容を件名に書いたメールを
自分に送ったりすることも、メールボックスのToDoリスト化には
良い方法だと思います。
posted by 岩永 at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Life Hacks/GTD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

GTDなHacks031:「処理できるメールはすぐに処理する。できないときはもう一度未読にしておく」

前回、メールを振り分けて、未読メールを簡易ToDoリストにすることを
お伝えしました。


フォルダに振り分けられたメールは、読む/読んで返信などの行動を
とる必要がある状態です。


メールに目を通していくと、実際に目を通して終わりのメールもあれば
その場でYes/Noの返信ができるメール、スケジュールの調整や
何か調べる必要のあるメールなどがあります。


すぐ処理できるものはその場で処理してしまいましょう。
すぐに処理できないものは、未読状態に戻します。
(あるいは、メールに色をつける・マークをつけるなどします)


色付けやマークよりも未読状態の方をお勧めします。
理由は、たいていのメーラーは未読状態のメールがあれば、そのフォルダを
強調表示したり、未読のメール数を表示するので、見ただけで
どこに未処理のメールがあるか分かるからです。


さらに必要があれば、「要返信」などのフォルダに移動させるのも
良いでしょう。


そのご、改めてメールの処理がすんだ時点で、未読を解除
(色付けやマークを解除)するのです。


未読のあり・なしでToDoのあり・なしが管理できるようになります。
posted by 岩永 at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Life Hacks/GTD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

GTDなHacks030:「トップの受信箱には最低限のメールだけ残す」

メールはサブフォルダを作って振り分ける、迷惑メールなど不要なメールは
目に付かないようにしてしまう。


前回までにお伝えしたことは、この「トップの受信箱は最低限の
メールだけ残す」ためにあります。


受信箱に最低限のメールだけが残るようになるとどういう効果があるか
というと、


・受信したメールがサブフォルダに分散されるので、
「○○通読まなくてはいけない」という心理的なプレッシャーが減る

・普段受信するメールは振り分けられてサブフォルダに入るので、
受信箱に残るメールは普段とは違う→緊急性が高いなど
普通と違うルールで処理する必要があることが分かる

・普段とは違うイレギュラーなメールを集める→そのままTODOリストに
できる


ということが挙げられます。


未読・既読の状態で「読まなくてはならない/読んだ」を、
重要度のフラグや色分けで「処理しなくてはならない/処理した」を
区別するなど、自分なりの使いやすいルールを決めてメールを
管理すると、ツールを導入しなくてもTODOの管理ができるようになり、
メールの処理が飛躍的に楽になります。
posted by 岩永 at 04:04| Comment(4) | TrackBack(0) | Life Hacks/GTD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月11日

GTDなHacks029:「広告メールや迷惑メールは目につかないようにしてしまおう」

メールの処理を効率的に行うために、サブフォルダの作成と振り分け機能の活用をするということを話しました。


今回は振り分けたメールをどう扱うかと言う話です。


日々受信するメールで最も邪魔で必要ないものが、広告メールや迷惑メールですね。


こういったメールを開いて目を通したり、ゴミ箱へ移動させたりするのは時間の無駄で、悔しいですよね。


最近は、ThunderBirdなど、迷惑メールフィルタ機能が付いたメールソフトやSpamMailKillerPopfileなど、メールソフトと一緒に使う迷惑メールフィルタがあります。


こういったソフトは、迷惑メールに目印をつけたり、迷惑メールの受信自体をしないですむようにしてくれる便利なソフトです。


迷惑メールは、便利なソフトと振り分け機能で、専用のフォルダやゴミ箱に入れてしまいましょう。


専用のフォルダに入れてしまう場合は、振り分け機能のオプションで「既読にする」を入れておくと、迷惑メールは受信したメールの数にカウントされないようになるので、「こんなにたくさん迷惑メールがある」といやな気持ちにさせられることもありません。


時間を無駄にしないためにも、いやな気分にさせられないためにもメールソフトの機能を活用しましょう。
posted by 岩永 at 02:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Life Hacks/GTD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。